銀行系のカードローンのデメリット

銀行系のカードローンのデメリット


カードローンには銀行、または銀行の関連会社がサービスを提供する「銀行系カードローン」と消費者金融がサービスを提供する「消費者金融系カードローン」があります。

ここでは、銀行系カードローンについて述べていきます。

銀行系カードローンにはいろいろなメリットがあります。

では逆にデメリットはないのでしょうか。

銀行系カードローンのデメリットはまず、「審査が厳しい」という点が挙げられます。

他社から相当額の借り入れがあり、今なお返済中という方は審査に引っかかってしまうこともあります。

そして次に「審査が遅い」という点が挙げられます。

申請してからカードが発行されるまでに二ヶ月以上待つことも珍しくありません。

銀行系のカードは審査が厳しいので、やはりそれなりに時間がかかってしまうのです。

今すぐにお金が必要、という方には銀行系カードローンは向いていないと言わざるを得ません。

ただ銀行での融資という部分では安心感もあると思います。

関連記事


消費者金融系でのカードローンのメリット

クレジットカードは最近持っているのが普通になってきています。 確かに今は、ガソリンスタンドの支払いから大きな買い物の場合までクレジットカードで支払いが済んでし...


【育児 仕事 求人】のことなら育児仕事.net|育児と仕事が両立できる求人は?

今回気に入ったのは育児仕事.net|育児と仕事が両立できる求人は?というサイトです。育児 仕事 求人について探している人には参考になる部分も多いのではないでしょ...


住宅ローンはどこに相談すれば確実なのか

マイホームの購入を大きな夢として掲げている人は沢山いることでしょう。しかし実際に購入するとなると、ほとんどの人が住宅ローンを利用することになります。今回はそ...


外貨建てMMFを調べてるなら『外貨MMFガイド』

最近はおもいのほか調べものがスムーズに運んでます(^O^) さて今日取り上げるのは外貨MMFガイドというホームページです。 税金面でも優遇されているのも人気...


AX

 

更新情報・お知らせ